自動車買取業者

自動車買取業者の増加

 
新車を購入する際には、これまで所有していた車を下取りに出すことで、新車購入金額に反映させるのが一般的でありました。しかし近年では、新車を購入の際にも、所有していた車を購入するディーラーに、下取りとして出すのではなく、自動車買取業者に売却する例が増えてきています。

この背景には、ディーラーに下取りに出すよりも、自動車買取業者に直接売却する方が、査定額が高くなる傾向があるからです。

また、各自動車ディーラーも過当競争が繰り広げられている中で、新車購入時の値引きは当然のこととして慣習化されており、下取りの有無によるメリットが薄れていることもあります。

ただし、新車を購入するディーラーに下取りとして出す場合は、自動車の売却と新車購入の手続きを一度に行うことが出来ます。それに対して、自動車買取業者への売却を行うのであれば、若干手間になることを覚悟しなければなりません。

こうした手間を惜しんでも、所有していた車を少しでも高く売却したいとする考えを持つ人が増加傾向にあるといえます。そして、その背景にはインターネットの普及による利便性の向上から、自動車買取業者に売却する手間が楽になったことがあります。

そこで、インターネットの一括査定サイトから価格情報の入手を行い、ディーラーの下取り価格と比較してみることが有効な手段となります。

自動車買取業者

バブル崩壊以降の長引く景気の低迷も、近年ではアベノミクスによる経済の上向きが示されるようになって来ましたが、一般家庭にまで景気の回復が感じられる状況には、まだまだ時間差があります。

自動車業界においても国内における新車の販売台数の低迷が続いていますが、中古買取業者の数は増加、インターネット上には、自動車買取業者の専用サイトが溢れています。

また、これまで自動車買取業者の多くは、店舗を持つ自動車販売業者が主流でしたが、近年では、自動車の買い取りだけを専門に行う業者も、たくさん登場をしています。そして、自動車買取りを専門に行う業者の中には、店舗などを持たずにインターネット上だけで商売をしている業者も存在するのが特徴です。

インターネットの普及は、自動車売買の業界で仕事の経験を積んだ人が、簡単に事業を起こすことが出来るようになりました。このように、自動車買取業者として販売業務と兼業を行う業者に加え、買取専門の業者が入り乱れることで、絶対数の増加に繋がっているといえます。

また、インターネットを利用することで、全国のネットオークションに出品が可能となり、自動車流通網が広域に確立されることになりました。それに伴い、自動車買取業者も買取った自動車を直ぐに流通に乗せられることで、不要な在庫を抱えるリスクが激減しています。