車査定

車査定のタイミング

 
中古車の査定には、基準項目だけでなく変動要因が多く加味されます。したがって、少しでも有利な査定を得るためには、変動要因を把握して売却タイミングを逃さないことがポイントといえるでしょう。

たいていの場合、所有する自動車を売却する、または乗り換えるタイミングとなるのが、車検の切り替わり時期になります。当然、車検切れの車を売却するのは何かと面倒ですので、車検が切れる前に売却することになります。

その他にも、所有する自動車がモデルチェンジをすることで、新しいタイプに乗り換える人も多くいます。この場合も、モデルチェンジ後では、旧タイプの車種が値崩れを起こすことは必須であることから、自動車メーカーがモデルチェンジの発表を行った時点で、出来るだけ早く行動を起こす方が得策となります。

また、所有する自動車の売却タイミングとして、時期や季節的要因も考慮しなければなりません。例えば、中古車市場が最も活性化するのが春先の3〜4月であることから、中古車買取業者はその少し前から活発に買い求めることになります。

また細かな点では、自動車の年式は毎年1月1日が基準月となることにも注目しておく必要があります。当然、自動車の年式は古くなる程、査定には影響を及ぼすことから、年末までに売却を行うこともタイミングといえます。

そして、四輪駆動車やオープンカーなどは、季節が査定に影響を及ぼす自動車といえます。このように、中古車市場の需要が高まるタイミングを狙って、売却を考えることが大切となります。

車査定のタイミング

中古車市場は常に変動をしています。したがって、インターネットを利用してオンライン一括査定を受けた場合、更には、中古車買取業者で実車査定を受けた場合には、その査定結果には有効期限があるといっても差し支えありません。

ただし、食品などのように、明確な有効期限が決められているわけではありません。一般に、所有する自動車の売却を考える場合、1社の単独査定ではなく、複数の買取業者から査定を取り付けて比較検討をするのが常套手段となっています。

しかし、複数の買取業者から査定を取り付けていたり、又は売却を決めかねている間に、あっという間に時間は経過してしまいます。中古車市場は常に変動しているが故に、必ず売却のタイミングがあることになります。

一般に、中古車を査定する際には、売れ筋であったり時期的影響などの外的要因が必ず加味されます。しかし、査定を受けた後に、一定の期間が過ぎたことで、査定に加味された外的要因がずれてしまっては、査定価格が見直されることになります。

また、注意をしなければならないことは、査定を受けた後に事故などで車をキズ付けてしまい、価値を著しく損なってしまうケースです。こうしたリスクを回避する為には、査定の有効期限に気を配っておかなければなりません。

因みに、査定の有効期限を1週間から10日前後と考えておくと良いかも知れません。もしも、乗り換える車の納車タイミングにより売却が遅れる場合は、事前に中古車買取業者に申し出て調整を依頼することが望まれます。