車の売却

車の売却時に必要となる書類

 
愛車を下取りに出す場合や買取業者に買い取ってもらう場合の手続きはどのようなものになるのでしょうか。

車を売却する場合、ただ業者に車を渡し、代金を受けと取っただけでは車を売ったことにはなりません。いろいろな書類を整えなければなりません。しかし、これは簡単なことなので難しくありません。

すでに、車を下取りに出したり、買取業者に売却したことのある人も、その時どのようにしたのか、すでに忘れてしまっているくらい簡単なものです。

では、車の売却をしたとき、どのような書類が必要だったのでしょうか?車を手放すときに必要となる書類は次のとおりです。 通常、「委任状」や「譲渡証明書」などは、車買取業者で用意してくれます。

1.実印
これはいま住んでいる市区町村役場で「実印登録」をしておく必要があります。委任状や譲渡証明書に捺印する印鑑には「実印」が必要です。

2.印鑑証明書
印鑑証明書とは、捺印した印鑑が市区町村に登録された「実印」であると市区町村が証明する書類のことです。発行日から3カ月以内のものが必要です。車の売却時には、発行日から3カ月以内のものが必要となります。時間をいつでも取れない方は、3カ月以内の売却を決意した時点であらかじめ準備しておくとよいでしょう。

3.自動車検査証(車検証)
車検証は、いつも車内に保管しておくことが義務づけられていますので、クルマに常に備えているはずです。ただし、ローンの支払いが終わっていない場合、所有者の名義が販売会社などになっていることがあります。この場合は、移転登録のために所有権を解除する必要があります。万が一、紛失している場合は管轄の運輸支局で「自動車検査証再交付」という手続きをして再発行してもらう必要があります。手続きには、申請書類代と手数料がかかります。車買取業者にも相談してみましょう。

4.自動車税納税証明書
毎年5月末が納付期限の「自動車税納税証明書」は、車検を受ける際に必要な書類です。常時、車検証といっしょに保管してある方も多いと思います。そのため、車を売る時には買取店に渡す必要があります。そのため、納めていないと車を手放すことができません。納めていないと督促状も受け取っているはずので、納めていない方はまずおられないと思います。紛失している場合は各都道府県の税事務所で、軽自動車の場合は市区役所で、再発行してもらいましょう。車買取業者にも相談しましょう。

5.自賠責保険証
「自動車損害賠償責任保険証明書」は通常「自賠責保険証」と呼ばれます。これは「自動車保険」のように「任意保険」ではなく「強制保険」です。これも、車検証と一緒にグローブボックスなどに収められていることが多いでしょう。車検ごとに次回の車検時までの加入手続きを行います。自賠責保険証がなかったり、期限が切れていたりすると車を売ることができませんので、万が一、紛失している場合は加入した保険会社に再発行してもらいましょう。申請時には、免許証など本人確認のできるものが必要です。

6.リサイクル券
自動車リサイクル法に基づくリサイクル料金が支払われていることを証明する書類です。これも車検証と一緒に保管されていることが多いでしょう。万が一、紛失した場合は「自動車リサイクルシステム」ホームページから「自動車リサイクル料金の預託状況」をプリントアウトするとリサイクル券の代替として使えます。

7. 以上が車を手放すときに必要となる必要な書類ですが、「自動車検査証」に記載されている住所と印鑑登録証明書の住所が異なっている時は、「住民票」も添付します。結婚をしたりして名字が違っている時にも「住民票」が必要です。

愛車を売却することが決まった段階で、買取店のスタッフに必要な書類を問い合わせておきましょう。書類は迅速に揃え、あまりに日数が経過して査定をやり直す必要がある、などと言われないようにしましょう。