車下取り 車買取

車下取りと買取

 
いま車を持っておられる方が、そろそろ車を入れ替えようかなと思う時にその車の売り方は2つの方法があります。

一つは、誰でもご存知のようにディーラーなどで「下取り」として売却することです。この「下取り」というのは、新車や中古車を買う場合に今乗っている車を次に購入する車の代金の一部として支払うものです。

しかしもう一つ、いまこの下取りに代わって「車の買取」という方法があることはご存知だと思います。街を車で走っていればカリバーとかアップルなど車買取専門店の看板などを見かけることがあるでしょう。

このような車買取専門店というのは、1990年代になって登場してきたもので、時々TV・ラジオなどで各社がCMを流して宣伝していることもあって、その認知度もかなり広まってきているように思います。

なぜ、このような車の買取専門業者が増えてきたかと言うと、はっきり言ってこれは、ユーザーには、これまでの下取り価格は、とても納得できるような金額ではない、という不満が心の底辺で渦巻いていたということが大きいと思います。

街の買取専門店の買取額が高いという噂を聞くにつけ、自分もいちど車の買取をやってみようかなと思う人が徐々に増えてきたことは不思議なことではありません。

そして今もってこの車の買取専門店という業態が、市場から撤退せずに存在しているというのは、これは明らかにディーラーなどの下取りよりも車買取専門店の買取価格の方が高いという事を示しています。

しかしまだ一方では、自分の車を買取専門店で買い取ってもらうより、ディーラーに下取りに出してしまう方のほうが遥かに多いという現状があります。

トヨタ スペイド

その理由は何かと言うと、ほとんどの方が下取りの方が面倒がなくてよいと考えておられること、たとえ買取専門店で査定をしてもらったとしても、下取りと比べてどれくらい買取額の方が高いか想像するしかない、ということに原因があるかと思われます。

この買い取り額を想像するしかないというところで、人間というのは自分に有利なように、自分を納得させるように考える傾向があるといえます。どういうことかと言うと、たとえ買取専門店で査定してもらったとしても、その査定額は下取りの査定額とそう変わらないだろう、と自分で勝手に思い込んで自分の下取り行為を正当化しようします。

これが、すでに買取専門店が登場してきてからが20年余りの月日が流れても、いまだ80パーセント以上の方が、下取りに出すという理由だと思われます。

なぜこのような、買取価格のほうも下取りと比べてそう高くないだろうと、無理やり自分に思い込ませてまで下取り出そうかとするのかというのは、経験のない方が買取専門店まで自分の車を持って行って査定をしてもらうというのはとてもハードルが高いからです。

しかし時代が変わりました。というの西暦2000年になってから、いくつもの買取専門店が参加して査定額を競争して提示してくれるという、インターネット上の新しいシステムが登場してきたからです。

これを利用すると今までとても面倒だった車の買取査定が簡単にできるようになりました。というのは自宅でパソコン上からほんの少しの時間を使って入力するだけで、多くの買取専門店に同時に自分の車の査定依頼を出すことができるようになったからです。

車を買い換える時期になったら「下取り」で査定をしてもらうばかりでなく、このインターネットを使った車の一括査定を必ず利用してみましょう。そうすれば下取りといくらぐらいの価格差が出るのか一目瞭然になるでしょう。