査定前の清掃

査定前の清掃

 
車の査定をしてもらう前に、できるだけ査定額のアップをねらうために「洗車」や「車内の清掃」を、どうすべきかについて考えてみたいと思います。査定まえに、洗車や清掃したほうが良いのかというのは、意外に疑問に思う人が多いようです。これは2つの面から考えてみると面白いかもしれません。

まず、査定をしてもらうほう、つまり我々の車がかなり古くて、日頃の手入れもよくなくボディの塗装もかなり傷んでいる場合、このような車を査定に出す場合は、わざわざ洗車などすると、かえってキズが目立ってしまうので、洗車などしないで査定を受けたほうがいいのではないかと考えるかもしれません。

また、反対にまだ車が新しく日頃の手入れも入念に行っていたので、ボディにはキズ一つないという車もあるでしょう。その場合は、やはりキレイに洗車して査定を受けたいと考えるのではないでしょうか?それで「洗車」すべきかどうかの結論を、愛車の状態に応じて変えるべきだと言いたいと思われるかもしれませんが、そうではありません。

では、もう一つ、査定をするほう、つまり査定士のほうから考えてみることにしましょう。

これは、もうどちらの車の状態であったにしても明らかに洗車してあるほうを好みます。なぜなら、洗車してあれば、洗車してない車の場合のように、もし洗車すればこの車はどのような状態か、という推定作業を一つ省略できるからです。

つまり、査定士の負担をよりかけた車とそうでないと車と、どちらが査定額が高くなる可能性があるか、という問題になります。これを、巷間よく言われるようにただ査定士の印象を良くするために洗車は大切だと、単純に言うことはできないでしょう。

ただ、絶対「洗車」をしたほうが査定額が高くなるか?と言えば、100%とは言えないでしょう。なぜなら、かなり古い車でキズなどが多い場合、「絶妙の汚れ具合」で査定を受けたら「洗車」をしないほうが査定額が高くならないともかぎりません。

ただし、この「絶妙の汚れ具合」の状態をうまく創り出すことができるのでしょうか? この「絶妙」というのは、客観的「絶妙」ではなく、査定士の主観に応じての「絶妙」でなければなりません。こんな汚れ具合を創り出すのは、まず不可能と言ってよいでしょう。

それでも、この「絶妙の汚れ具合」の状態を創るのに自信がある!?という方もおられると思います。それなら、やはり「洗車」しないで査定を受けたほうがよいのでしょうか?

しかし、それでもなお、当サイトの立場は、査定は「洗車」してからしてもらう、という立場を支持しています。だって、姑息な手段を使って査定額を上げてみようとしたが、どれだけ高くなったか確認のしようがないからです。ひょっとしたら、やはり「洗車」した場合より査定額は低くなったかもしれないのです。

姑息な手段を使わなければ査定額がアップしたのにもかかわらず、姑息な手段を使って、かえって査定額が下がったなどというケースだったら、目も当てられないではないですか。

「洗車」して査定額が、もし下がったものであったとしても、それが「適正な」査定額であったなら、堂々とそれを受け入れましょう。

車査定

では、実際の洗車・清掃方法を見て行きましょう。

ボディは、洗車をしっかり行ってください。時間があれば、ワックスもかけておくのがベストです。ホイールは、油汚れが溜まりやすい箇所なので洗剤などを使って、汚れを落としておきましょう。

ウィンドウやミラーなどは、ガラスクリーナーなどを使用すれば簡単に済むでしょう。ナンバープレートなども、忘れずにキレイにしておきたいところです。フロアマットなどは、ガソリンスタンドの洗車キットなどを使って手際よくやりましょう。床は掃除機や吸引器を使います。

グローブボックス(ダッシュボードの小物入れ)からは、余分なものは取り出して、車検証や整備手帳など必要なものだけにしておきましょう、もちろん汚れていれば、キレイにしておきます。ボディの凹みやキズについては、直さずに査定したほうが良いです。直す料金のほうが、それによって上がる査定額より高くなるのが普通です。

あと「車内のニオイ」については、タバコは吸わない、ペットも乗せないので、臭いなどないと思っても念のため消臭剤など使っておきましょう。それから、トランクルームの清掃も忘れないように。

しかし、あまりお金を使ったり手間を掛けるのはやめましょう。自分に負担にならない範囲でやりましょう。見た目のキレイさよりも清潔感のほうが大事です。

もっとも、室内の座席などは、日頃から汚れないよう心がけておけば、そんなに手入れの必要な箇所ではありません。査定時になって、あわてずとくに何もすることがないというのが、愛車の理想的な乗り方でしょう。