整備工場

整備工場

 
整備工場には、「指定工場」と「認証工場」の2つの工場があります。指定工場と認証工場の違いは、どこにあるのでしょうか?

法律的には、並列的表記で違いを説明しているのではなく、「認証工場」のうち一定の基準を満たしたものが「指定工場」だというように、「認証工場」のうちのワンランク上の工場が「指定工場」だというように読める、ややわかりにくい表現となっています。

自動車の「分解整備」を行なうには、地方運輸局長の「認証」を受けなければなりません。この「認証」を受けているのが「認証工場」です。この「分解整備」には、原動機、動力伝達装置、走行装置、操縦装置、制動装置、連結装置を取り外して行う自動車の整備又は改造が該当します。「認証工場」で車検を受ける場合は、お客さまの車を陸運事務所へ運んで所定の検査を受けることにより車検証が発行されます。

「認証工場」のうち、車検場(運輸支局・自動車検査登録事務所など)と同じ検査機器が備えられていて、工場内で車検の検査を終わらせることができるのが「指定工場」です。そのため指定工場は、「民間車検場」とも呼ばれています。手続きは、必要書類(車検証・点検整備記録簿など)だけを車検場(陸運支局)に持ち込んで完了させます。

「指定工場」の指定を受けるためには、設備、技術、管理組織等について一定の基準に適合している必要があり、車検検査を行なうための資格をもった自動車検査員を置く必要があります。したがって、「指定工場」であれば、クルマの点検整備から車検検査まですべて行なうことができ、車検場に持ち込む必要がないというわけです。

車検(継続検査)に際しては、受検手続きだけでなく通常の車の点検・整備も依頼するでしょうから、一般的には「分解整備」を伴うことになるので、認証工場または指定工場であることを確認する必要があります。

車


「指定工場」「認証工場」とも、上の様式の標識を見易いように掲げるよう定められているので、修理や車検を依頼するときには確認するとよいでしょうが、ディーラーや車検専門のフランチャイズ店は、ほとんどが指定工場です。

最近では、規制緩和によって、以前より認可を受けやすくなったので、オートバックスのようなカー用品店やガソリンスタンドなどが認可を受けて、車の整備や車検なども行うようになってきています。

このほかクルマの整備をしてくれるところに、街の小さな整備工場や中古車販売店の整備部門など無認可のものがありますが、もちろん違法ではありません。エンジンオイルやバッテリーの交換など「分解整備」に該当しないものは、法律による規制はありません。そのため、無認可の整備工場であっても、たとえば、カー用品店やガソリンスタンドであっても、あるいは、普通の個人であっても、することができます。