自動車リサイクル法

自動車リサイクル法

 
現在、国内では1年あたりでも数百万台の車が廃車処分になっていますが、もともと鉄やアルミ等の金属が多く使われているため、他の製品よりもリサイクル率は高い評価になっています。

自動車リサイクル法成立の理由は、そんな廃車後の解体や破砕後に残るゴミを主に埋立処分していた成立前の状態を勘案して、すでに埋立処分出来るスペースが残りわずかとなっていることや、埋立処分費用の高騰などの原因により、不法投棄や不適正処理が懸念されるようになったためです。

さらに、カーエアコンの冷媒に利用されているフロン類が適正な処理がされないままで蓄積されていくと、オゾン層破壊や地球温暖化問題を引き起こすことも重大な課題として懸念されているために、リサイクル法成立の理由にもなっています。

自動車をリサイクルする際には、爆発性のあるエアバッグ類は特に安全に処理する必要があるのにたいして、専門的な技術が必要とされることも問題となっていたこともあります。リサイクル法成立の理由は、これらの問題を解決するために2005年1月から「自動車リサイクル法」が制定されたのです。

自動車リサイクル法

この「自動車リサイクル法」では、自動車メーカーや輸入業者に、シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類の引取やリサイクルを義務化しています。その処理費用に充てられるのが、所有者が負担することになっているリサイクル料金です。

リサイクル料金をどんなふうに支払うかといえば、リサイクル料金は、原則として、新車購入時に負担することになっています。しかし、購入時にこれを負担していないものについては、自動車が使用済となった際、引取業者に引き渡す際に負担することが必要になります。

リサイクル料金の支払いを済ませるとリサイクル券いわゆる預託証明書を発行してもらえます。これは、リサイクル料金の支払いがすでに完了しているということを証明する重要な書類ですので、新車購入時にリサイクル料金を預託をした際に、新車販売店などの購入したお店から受け取ります。紛失しないように所有者は大切に保管しておく必要があります。

リサイクル料金の支払いをして受け取ったリサイクル券は「A券」から「D券」で構成されています。引き渡す段階に応じて必要になるために、こういった構成になっているわけです。具体的には「A券」及び「B券」は車検時や使用済自動車を引き渡す時に必要になります。ですから、基本的には車検証等と共に大切に保管しておくことが賢明だと言えるでしょう。

購入時にリサイクル料金の支払いをせずに購入した場合には、廃車時に預託する時には、リサイクル券が発行されなくて、引取証明書が発行されるようになりますので、それぞれ違いがあることを把握しておくと安心できるでしょう。

そのため、リサイクル料金預託済の中古車の売買時のリサイクル料金の扱いの場合でも、車の売買と同時にリサイクル券も次の所有者へ引き渡しが必要になります。下取りをして新車購入をする際など、車に関しては一台の車を新車から廃車まで乗り続けることは少ないので、こうした売買時にもリサイクル券が引き継がれていくことを念頭においておかなければなりません。

車検や点検などの際、あるいは車検証を確認する機会がある時に、リサイクル券の確認も行っておくと安心です。こういったリサイクル法成立の理由を知っておくことで、どんなふうに制定されてどんなふうに使われるのかが、頭で理解できるので車の所有者もリサイクルの価値がある製品だからこそ制定されたという流れや内容を知っておくことが必要です。