低年式車

低年式車の査定

 
「Yahoo」や「google」などのインターネット検索サイトを利用していると、車高価買取などと車を売るバナー広告をよく見かけるのではないでしょうか。

不景気のご時世で、新車が売れずに頭を悩ます新車ディーラーをよそ目に、車の買い取り業者は結構繁盛しているようで、車を仕入れるための競争が激しくなっています。

一昔であれば、車を買い替える場合、今乗っている車を下取りにして新しい車を購入することが一般的でした。しかし、10年以上乗った低年式車になると下取り値段がつかずに廃車費用だけ請求されることが多く、概ね5年から7年乗った車が下取りに出すことができることが多くなっています。

低年式車

日本には車検制度があり、古くなった車は車検に対応するために正常な部品も取り替えなくてはいけない場合があり、古い車ほど車検費用が高くなる場合が多くなっています。

しかし、車検制度がない海外では日本の中古車は問題なく使用することができるうえに、性能がよく燃費も良いので非常に人気があります。車の買取業者は、一部の人気車や希少車、高年式車をのぞき、大体は海外に輸出する目的で買い取るため、10年以上の低年式車や車検非対応のディゼル車でも車を売ることができるものとなっています。

車の買取業者の場合、新車ディーラーでは年式や車種に応じて下取り価格が予め設定されていますが、車の買取では、相場価格で取引されており、下取りよりも高く車を売ることが出来る場合が多いと言えます。