自動車ローン

自動車ローンと残価設定ローン

 
残価設定ローンのメリットは特に新車の購入で、約半分の金額を残して、半分だけのローンを組む形となり、3年とか5年の支払を経過した後に、下取りか買取かといったところを考えながら、新たな車に乗り替えたり、その車を購入して乗り続けたりすることも可能なことにあります。

そこを考えると、残価設定ローンのメリットはワンランク上の車に乗ることが出来て、そこでの返済に関しても楽々行えることは新車の購入を考えている方にとってはとてもメリットの高いお話となります。

そこで残価設定ローンのメリットとなることを有効に活用しながら、残価設定ローンとはどんなものなのかを理解した状況で契約を結ぶ必要があります。

残価設定ローンとは、書いてある字のとおり残価を設定してその残した分以外をローンで分割支払をおこなう仕組みであり、とくに自動車ディーラーが金利のサービスを行なっている時であれば良い条件での取引となります。

残価設定ローン

残価設定ローンとは、そういったローンの一種であり金利に左右されるところも当然あって、安い金利での契約を結ぶことが出来れば、それだけ有利な返済を行うことが出来ます。一般のマイカーローンよりも金利の部分で多少高額であることが、残価設定ローンのデメリットとなります。

そこで自動車ディーラーがキャンペーンをしている期間に契約を結べば、安い金利での取引となりデメリットとなることもなくなります。

しかし他にも残価設定ローンのデメリットは存在していて、もしも事故に遭ったりボディーをこすってしまったりして、修理を行わなければいけない時などに備えて、やや高額な車両保険などにも加入しておくほうが無難という状況もあります。

いっぽう通常の自動車ローンは、購入した全額に対してローンを組むため、月々の支払も考えながら行う必要があり、多少は料金も高くなることで家計にとっても負担は増える状況となります。そこがやはり自動車ローンのデメリットではあります。

しかし、返済が終われば返すという選択肢も無く自分のものとなります。しかもリースとは違い自分の所有物であるため改造したりすることにも規制は無く、事故や修理に関しても気にすることなく、自分の好きな修理業者に依頼したりすることも可能です。

自動車ローンは残価設定ローンのような縛りがないところはメリットとなりますが、自動車本体の全額をローンで返済するため、毎月の負担が増えることは覚悟しなければなりません。

その部分で考えると、残価設定ローンのメリットを上手に活用しながら返済を行うほうが、家計にとても優しい状況を作ることができます。