自動車リース 自動車ローン

自動車リースと自動車ローン

 
車を所有するには色々な方法が選べるようになっていますが、購入ではカーローンを利用するのが一般的です。購入ではなく使用できる車を持つだけであればカーリースの選択もありますが、カーローンとカーリースの違いについて把握する必要があります。

以前であればカーリースは企業向けのサービスとなっていましたが、現在では個人向けのカーリースが登場しているため選択肢が増えていると言えます。また現在では残価設定ローンも提供されているため、比較をして選ぶことが大切です。

リースとローンの特徴と違いには単純明快な部分がありますが、ローンでは支払いが終われば自分のものになりますが、リースでは借りていることになるため、何年乗っても自分のものになならない性質があります。

リースとローンの特徴と違いがわかれば、自分に適している方法がわかりますので、仕組みについて把握することが大切だと言えます。比較する場合には、リースとローンどちらが得か悩んでしまいますが、普通に購入した場合との比較をすれば特徴を把握することが可能です。

リースとローンどちらが得かは人それぞれに異なる性質がありますが、頭金や総支払額、乗り換えのタイミングなどがポイントになってくると言えます。

自動車リースと自動車ローン

ローンで購入する場合には、下取りや値引きを加えて総額が出されますが、返済額が厳しい場合には頭金を投入することで対応するのが基本となります。経済的な余裕があれば毎月の返済額を多くし短期間で完済することも可能ですし、逆に返済額を抑えて長期ローンにすることも可能です。

リースでは残価設定ローンと同じように残価を差し引いた金額で契約しますので、毎月の返済額を抑えることが可能です。契約時に満了時の下取り額を残価として設定しますが、リースでは値引きはありませんので駆け引きの必要がない点もメリットになります。

リースとローンの特徴と違いは少ないようで大きな違いになりますが、リースとローンどちらが得かは支払額だけではなく、普通に購入した場合との比較が重要になってきます。ローンで購入すれば全てが自分の管理下に置かれますので、購入費用の他に法定点検や車検、メンテナンス費用はもちろんですが、税金や自動車保険に加入する必要があります。

一方でリースでは毎月の料金の中に税金や点検費用、車検代までが含まれているのが基本ですから、自動車保険の保険料を負担するだけで良いのです。普通に購入した場合との比較では、リースのほうが負担が少ない状況があると言えます。リースの場合には契約期間が満了した際に、リース契約の終了や乗り換え、そのまま契約を延長する方法などを選択することができます。

ローンで購入した場合には自由に買い替えが可能ですから、完済に合わせて買い替えもできますし、残債を新たに購入する車のローンに上乗せして購入することも可能です。

リースとローンの特徴と違いは大きいですが、具体的にリースとローンどちらが得なのかは人により異なってしまいます。リースでは税金や車検代などを含んでいるため、普通に購入するよりも月々の支払額は高くなります。実際には残価を差し引いているために割高感を感じませんが、契約満了時に残価で買い取ることを選択した場合には、ローンで購入していたほうがトータルで安くなってしまう場合があります。

またリースでは契約満了まで解約できないのが基本ですから、途中で別の車が欲しくなっても乗り換えが難しくなります。残価を差し引くことで経済的に支払えるリースですが、リースの場合も契約満了時に査定額が残価を下回ると精算しなければならないデメリットはあります。