走行距離

車の走行距離

 
ネットの査定で重要視されるポイントとして、車の製造年、車体の車種、車検の有無と、実際の走行距離。車を売る際ネット査定において重要視されるポイントは、大きく分けると買取査定の最初のポイントはこれら4つになってくるでしょう。

とくに走行距離は重要です。走行距離が極端に長いとそれだけ故障の頻度も高くなり、中古で買っても修理に出す回数が多くなりますので買取価格も安く買われる傾向にあります。

逆に走行距離が短いと多少年式が悪くても、そこそこの価格で買い取られていく傾向があります。しかし、車の状態と走行距離が価格を大きく変えていきますので、一概に高く売れるのか安く売れるのかは何とも言えないでしょう。

しかし一つだけ言えるのは、車の買取査定額には車種とタイプによって、一定の規則性があるということです。つまり軽乗用車であれば走行距離のリミットは平均10万キロと言われており、走行距離10万キロを超えた車の査定額は極端に下がります。

また実際に軽乗用車で10万キロを超えていると故障の頻度が極端に上がります。この件に関しては、メーカーが意図的に走行距離のリミットを10万キロに設定しているという説が広く浸透していますが、あくまで都市伝説レベルであり根拠はありません。

しかし実際、10万キロを超えた軽乗用車は故障の頻度が一気に上がるため、実売価格も安くなりますし、車を売る時の査定額もほぼタダ同然で買取られる可能性があるのです。したがって軽乗用車を売る際はこれらの事に気を付けなくてはなりません。

いっぽう、セダンタイプやワンボックス車を売る場合、これらの条件の範囲外と思って頂いてけっこうです。とくにセダンであれば大事に乗れば30万キロ程度は走るものもありますので一律10万キロリミットの法則は適用されません。

車の走行距離

誰だって自分の車を売るのであれば高く売りたいものです。しかしそれはあくまで信義則に基づいたなかで、売主と買主が公正に取引を行う場合に当てはまる暗黙のルールであり、ここでどちらかが、どちらかを欺いては全く意味がありません。

つまりインチキをして売ったり、インチキで買ったりしてはならないのです。例えば、高額で車を売るために走行距離のメーターを改ざんする行為は、取引における信義則に反していますしそれ以前に法律違反ですから罰則の対象です。

また仮に走行距離メーターを改ざんしたとしても、実は改ざん跡が残っているので確実にバレます。バレるごまかしは自分自身の信用の低下につながり、また公正な取引をすることはまず不可能です。

そして場合によってはメーターの改ざんがあまりに悪質であるような場合は警察へ通報されることもあるのです。もし中古車買取業者の査定中にメーターの改ざんが明るみになった場合は、この査定自体が非常にネガティブに反応します。

そして最悪査定そのものが無効にされてしまう可能性もあるのです。従ってどれだけ走行距離があったとしても、そのメーター部分は絶対に触ってはいけません。そして今の走行距離の状態で査定に出しましょう。

仮に走行距離が数十万キロあったとしてもそれはそれで受け入れなくてはなりません。その走行距離で弾き出された査定額はそれが現実なのです。受け入れるようにしなくてはならないでしょう。