車の購入

車の購入

 
車の購入には、新車を買う場合と中古車を買う場合の二つの場合があります。そして、車の購入先としては、ディーラーと中古車販売店があります。新車を購入するか、あるいは中古車を購入するかによって、予算も手続きも変わってきます。

新車はどこで買うか? 修理工場や農協が、自動車販売を代理していたりすることもありますが、いまわが国では新車を販売しているのは、ほとんどが「新車ディーラー」です。もしくは、たんに「ディーラー」と呼ばれることもあります。

ディーラー(dealer)というのは、自動車メーカーやその販売会社と特約店契約を結んだ販売店のことです。ディーラーで新車を購入する場合は、たいてい「新車保証」というものがつきます。たとえば、購入から5年以内または走行距離が10万キロ以内のいずれか早い時期、が保証の対象期間となっていることが多いかと思います。

保証期間内であれば、部品交換や工賃が無料となります。ディーラーは、ふつう点検整備工場も併せて持っていますから、ほとんどの場合そこで修理することになります。ただし、自然発生的な機械トラブルが保証の対象となります。なので、言うまでもなく事故で発生したパーツの交換等は保証外となります。

では、中古車を購入する場合はどうでしょうか? 以前は、保証が付いていても3か月程度のところが多かったのですが、いまでは中古車であっても、2年や3年程度の保証がつくことが多くなりました。

クルマ

また、輸入車を購入する場合、昔は輸入代理店が販売をしていましたが、現在ではほとんどのメーカーが日本に法人を設立し、ディーラー網を構築しています。

さて、中古車を購入する場合は、その車の経歴をしっかりと把握することが大切です。つまり、中古車販売店での購入が是か非かと言いますと、それはケースバイケースということができると思います。

車検の時期や事故歴をしっかりと確認してから購入を決めないと、車の価格はいくら安くても、購入後に多大な費用がかさんで、そんなはずではなかったということもあります。相場と比較して、言い換えれば他店と比較してあまりにもその車が安い場合は、何か問題があると疑ってかかった方が良いでしょう。

とくに中古車の場合、メーターの巻き戻しや事故歴の有無は、素人にはほとんど見極めがむずかしい領域です。そういうこともあって、「中古車は信用できる店で買え」と言われた時代もありました。

それが、中古車購入の危険性が昔ほどなくなったのは、オークションという第三者機関を通過する車が多くなったことにより、メーターの巻き戻しが容易に把握できるシステムや検査員の育成が進んだことも挙げれます。それに、さきほど述べたように、中古車にも保証が付くようになったことが大きいといえます。

販売のほうに眼を転じてみると、新車の場合、以前は同じメーカーであっても複数の販売チャンネルを設定して、それぞれに専売車種を持つ形態が多かったのですが、今ではすべてのディーラーを全車種併売ディーラーにして販売競争をさせています。したがって、複数のディーラーに販売価格の見積りをさせてみるのもよいでしょう。

中古車の場合は、中古車を扱う販売店は大きく二つに分かれます。一つは自動車メーカー系列の「ディーラー系中古車販売店」と、もう一つはメーカーとは関係のない「中古車専門販売店」です。最近では、中古車専門販売店が全国的に大きなネットワークを組んで販売網を構築しているところもあります。

それに対抗するような形で、国産のディーラー系販売店が他のメーカーの中古車を販売するために、その国産ディーラー系の名称を変えて他のメーカーの中古車も一列に扱っていたりします。しかし、いろいろなメーカーの中古車をそろえて店頭で比較検討しやすいというのは、やはり中古車専門販売店でしょう。

たとえば、軽自動車ばかりを集めた中古車専門販売店、あるいはミニバンばかりを集めた中古車販売店、なかには、SUVだけを集めた中古車専門販売店がありますが、これらは購入する時にとても比較しやすいということができるでしょう。しかも、価格はディーラー系の中古車販売店よりも安めに設定されていることが多いといえます。

ディーラー系の中古車販売店の方が販売価格が高くなるというのは、そこはディーラー系の車に対する信頼性を維持するために、整備に力を注ぐからだということも言えます。

また最近では、インターネットによって中古車を購入することもできるようになりましたので、全国から「自分の希望に最も近いクルマ」と言える中古車を探せる確率も非常に高くなってきています。できればインターネットによって中古車を探してみるのも良いのではないでしょうか。