車を売る

車を売る準備

 

車をローンで購入した経験のある人ならもうお分かりかと思いますが、ローンが残っている車の所有者は誰になっているかというと、実は車を売った人、またはディーラーが所有者になっています。

 

これは万が一、車のローンが焦げ付いたりした場合に車をオークションなどで処分して残りの残債に充てるためで、その執行権を持っているのがその車を売った人や売ったディーラーなのです。

 

つまりローンはしっかりと完済しないと車売ることはできず、それが出来ないうちに車を売るとなると代物弁済という方法、つまり車を本来の所有者の手で処分して代金に充てるという方法しかありません。

 

ですので、ローンがある中で車を売るというのは何かと損。しかし何らかの事情でローンが残っている中で、車売る事を検討しているのであれば方法はただひとつ。何としてでも車の残債をゼロにしてから車を処分する方法しかありません。

 

先ほども言いましたように、ローンで車を買った場合の所有権を持つのはディーラーであり売った人。この所有権者の意思を確認せずに車を勝手に処分するわけですので、これは厳密には違法行為。

 

ですので、もしどうしても車を売る事を考えているのであれば何らかの方法で資金を調達し、一度車の所有権を自分自身にし、それから売るプロセスへ進んだほうが最も安全な方法です。

 

ローンを完済してしまえば、あとは自分に所有権が移りますので売るも壊すも自分自身の責任。正当な順序からいえば、それを済ませてから車売ることを考えるべきでしょう。

車売る

ところで、車を購入した時のことを覚えていますか? 車の車体を買うだけなのに何かといろいろな事務手続きが必要であったり、また役所や陸運局など普段赴かないところへ出向いた経験がおありの方も多いはず。

 

最近でこそ新車購入時にそれら、事務手続きをディーラーが代行してやってくれるのですが、中古車の場合だと代行費用が別途発生したりと、何かとお金がかさみますので自分でやってしまう人も多かったのではないでしょうか。

 

そして車を買う際とはまったく真逆の手続である、愛車を売る際に必要な書類について説明していきます。まず、車を売るという行為は法律上、動産所有権を手放すということであり、名義変更の手続きが必要です。

 

つまり所有権が別な人に移るわけですから、所有権移転の手続が必要です。まず、動産物件の所有権移転手続きを行う際に必要なものとして、車検証があります。車検証には次回車検を受ける日にちといった、車検の有効期限が記載されています。

 

また自賠責保険の納入証明書も要ります。これは要するに車検時に支払う自賠責の領収書のことで、この領収書の添付が必要。また自動車税の領収書も要ります。

 

また所有権の移転ですので、当然実印とその印鑑の印鑑証明も必要。印鑑登録をしていない人は、印鑑登録をしないと売買ができません。

 

そして最後に最も重要な書類として自動車の譲渡証明書があります。これは通常、中古車買取業者で用意してくれるものですが、個々人間での取引をする場合は陸運局へ出向き貰ってこなくてはなりません。このように、車を売るというのは、案外面倒くさい手続が必要です。