車売却と現金授受

現金授受の方法

 
車を買った時にディラーに対して支払った自動車リサイクル料金は、本来車の車体価格とは全く別の枠で支払っています。この自動車リサイクル料金は車を売る時には戻って来るものなのでしょうか。

結論からいいますと買主である中古車業者から返還されます。そして中古車業者は新たな売主からこの自動車リサイクル料金を徴取するのです。そもそもこの自動車リサイクル料金とはいったいなんなのでしょうか?

自動車を一般的に処分する際には、廃棄するための費用が発生しますが、かつてこの費用を浮かすために中古車業者などのなかには車の不法投棄する業者が後を絶たず、社会問題となっていました。

これを問題視した国は車を廃棄する際に発生する廃棄費用の一部を所有者から徴取し、費用の一部に充てる法案が生まれました。これが自動車リサイクル法で2005年の1月から運用開始されました。

この法律の施行により、新たに車を購入する場合は、車両価格とは別に自動車リサイクル料金の負担が義務付けられ、また逆に廃車にせず車を売る時にはこの費用を返還するというルールが出来たのです。

つまり自動車リサイクル料金は車を売る際には必ず返還される費用ですので、安心して車を手放せますが、逆に車をスクラップ化するのであれば、そのリサイクル費用で処分しますので手元に返って来ることはありません。この自動車リサイクル料金は廃棄しない限りは返って来るものだと思ってもらって結構です。

車売る

愛車の一括査定を経て特定の中古車買取業者に最終的に決まった査定額で、売買が成立したとき、いよいよ所有権の移転の手続となりますが一通りこの所有権の移転手続きが済んだらいよいよ現金の授受となります。

車売却の最終的な目的を達成するこの瞬間ですので、非常に楽しみな瞬間でもあるのですが、では実際にこの代金の支払いはどのように行われるのでしょうか?

まず車を売る際に査定をしてくれた中古車販売業者に予めそこは確認しておいた方が良い部分でもあるのですが、代金の支払い方法は大きく大別すると現金をその場で支払ってくれる方法と、後日銀行振り込みにより支払ってくれる方法の2種類があります。

売主としてはその場で現金一括払いの方が嬉しいのですが、買取業者側も高額の現金を持ち歩くという事に抵抗のある人も多くおり、会社としても安全上に問題があるため、最近の買取業者は後日、指定された銀行口座または郵便局の口座へ代金の振込みで支払完了としている業者が多くあるようです。

しかし一部の中小の中古車買取業者の中には、その場で現金払いにて対応してくれるありがたい業者もあり、車を売る側からしてみれば非常にうれしい限りなのですが、ただ実際はこういう業者は年々減少してきているようで、今は圧倒的に後日振込みにて支払いとしている業者が多く、それは買取業者の会社規模が大きければ大きい程、その傾向は強くなっているようです。