燃料電池車

燃料電池車(FCV)

 
燃料電池車とは、燃料電池と呼ばれる電池によって発電を行い、その発電によって得た電力を利用してモーターで走行する自動車のことです。

これまではガソリン車と比較されることが非常に多く、さまざまなポイントによって「ガソリン車の方が性能も高いし、価格も安い」という評価を受けることとなってしまっていたのですが、最近では製造技術の深化などによって、世界的に注目を集めるようになりました。

それでは燃料電池車とはどういったところに「燃料電池車のメリット」があり、反対に「燃料電池車のデメリット」にはどういったものがあるのでしょうか。

燃料電池車のメリットとして、まず挙げるべきこととなるのが「地球温暖化の原因となる排気ガスを排出しない」ということです。燃料電池の発電は火力発電などとは異なる「化学反応」によるものです。そこには「燃焼」という反応が一切含まれていないため、燃焼が原因となって発生する二酸化炭素の発生量はゼロとなります。

加えてこの燃焼が無いということは有毒な窒素酸化物などの排出も防ぐこととなりますから、環境負荷ということではガソリン車に比べて非常に大きな燃料電池車のメリットがあります。

またガソリン車とは異なり「タービンやエンジンが必要ない」という特徴もあり、騒音もモーターの回転音や、地面にタイヤが擦れる音なども小さなものとなります。

燃料電池車(FCV)

この燃料電池車と同様にエコカーとして注目されているのが電気自動車なのですが、電気自動車と比べると航続距離が長く、充電は必要ないという違いもあります。

もっとも充電が必要ないとはいっても使用した水素は補充しなくてはなりませんから、補充が全く必要ない永遠に走る夢の自動車ではありません。

ではこれらに対して「燃料電池車のデメリット」としてはどういうものがあるのかと言うと、とくに問題となるのが「水素を補充する水素ステーションが少なすぎる」ということです。

トヨタが燃料電池車であるMIRAIを発売して以来、新しい水素ステーションも出来るようになってはいますが、まだまだ全国に十分な数があるとは言い難いのが現状です。

ガソリン車であればガソリンスタンドで補給ができ、電気自動車であれば自宅のコンセントで充電ができるわけですから、これは燃料電池車のデメリットと考えるべきでしょう。地域によっては補充する場所がひとつも無いということもあり得ますから、特に注意が必要です。

また「水素の貯蔵コストが高い」ことも問題点です。気体の状態で貯蔵するとなると非常に大きなボンベが必要となることは間違いありませんし、かといって液体の状態で貯蔵するには-253℃まで冷却をする必要があります。

2013年には千代田化工建設が水素を圧縮する新技術の開発に成功しているため、燃料電池車のこれからということで言えば問題がクリアされる可能性はありますが、実用化がされ、普及が実現するまでにはまだ時間がかかることは間違いありません。

燃料電池車が抱えるメリットやデメリットといったものは以上になりますが、燃料電池車のこれからに関してはやはり「技術研究」にかかっているとして評価せざるを得ません。

一部の新聞などでは燃料電池車を「究極のエコカー」というようにもてはやしてはいますが、実際には燃料電池車だからこそのデメリットというものもありますし、エネルギー効率に関しては現状だとまだ電気自動車に分があるのが現実です。

ただ燃料電池自体が自動車業界だけではなく、エネルギー業界においてもかなり注目されている分野となっていますから、燃料電池車のこれからを悲観する必要は全くありません。

問題がクリアされれば非常に優秀なエコカーになることは間違いありませんから、今後の世界で水素にまつわる問題がどのようにクリアされていくかを見守っていきましょう。