車査定額

車査定額への影響

 
車の査定額に大きな影響を与える項目はたくさんあります。そのうちの一つに車両オプション装備と呼ばれるものがあります。車両には、そのクルマ特有の装備品をオプションで取り付けることが可能です。オプション装備は、純正のものがほとんどですが、社外品でもあります。

一見、純正品の方が高くなるように見えるのですが、実際はそうとは限らないのが現状です。というのも、ディーラー販売の場合は純正の方が高くなる傾向にありますが、中古車販売業者だと社外品でも人気の品物だった場合には、その方が高額査定になる場合もあります。実際につけている状態によっても異なりますし、その品物の状態による影響も大きいでしょう。

オプション装備がないからといって、査定がダウンすることはあまりありません。しかし、あれば車両の魅力がアップするというのが現状です。ただ、そのままオプションだけ魅力的に並んでいるだけでは、他車とほとんど変わらない状態です。

一番いいのは、取り替えたパーツのような場合、取り外したものを捨てずに取っておくことです。また、取り付けたパーツの備品がある場合は、それも取っておくと高額査定に繋がる場合もあります。

電化製品でもそうですが、高く買い取ってもらえるのは、外箱や説明書、備品がそろっているものです。これは、特に社外品のアイテムに言えることで、可能であれば一通り取っておくといいでしょう。

大きな査定変更になることは少ないですが、確実に少しでもアップさせたいと考えるのであれば、備品、取り外したものはしっかりと取っておくようにしましょう。

車売却

中古車を購入するに当たり、新車と比較して心配になるのは自動車本体の持ち具合です。たとえば、新車の半額の価格で中古車を購入したとしましょう。しかし、問題なく乗ることのできる期間が新車の半分以下だったとしたら、それは費用的に安いだけで、損をしたという考え方になります。

そのため、車両の査定額を決める一つの基準にメンテナンス状況というものがあるのです。メンテナンスの状況は、プロの査定がチェックすればすぐに分かってしまいます。

これも一概に言うことはできませんが、メンテナンスの状態が悪いということは、それだけ将来的に故障が早まる可能性があるということが否定できません。長持ちをさせるには大きな修理が必要になるかもしれないとなると、査定額は大きくダウンしてしまうのです。

では、業者に修理などの証明をしっかりと提示するような場合はどうしたらいいのでしょうか。一番の理想は、法定点検などで用いられる整備記録をしっかりと残しておくことです。整備記録が残っていることで、一つの証明になるほか、しっかりと整備を通していたことになり、信頼性をアップさせることが可能です。

また、メンテナンス良好な車ということになれば、自動車査定相場よりも査定を高くして買い取ってくれる可能性も高くなりますし、業者も一つのアピールポイントになります。

査定を意識して、無理矢理整備を入れる必要はありませんが、長い目で見た際には一つの差になるということを覚えておくといいでしょう。

車査定額

自動車の管理上、おそらく一番お金のかかるもの…それは、車検です。車検にかかる費用というのは大変高く、その背景には法定費用があります。車両の重量税や自賠責保険への再加入を果たさなければ車検を通すことができません。

また、検査合格のため、車両の安全性保持のために行われる法定整備も大きな負担になることは間違いありません。その費用を自分が負担することで、査定がアップすると考えている人もいます。

たしかに査定アップには繋がることがあるのですが、車検を通した分の費用が戻ってくると考えることはやめた方がいいでしょう。たとえば、車検で10万円払ったとします。車検を通した直後に売りに出したとしても、10万円以上が査定プラスされるのかと勘違いをしてしまいがちですが、そうではありません。

もちろん、車検の有効期間が残っているということは、すぐに市場で販売することもでき、ユーザーにも人気が高いです。しかし、それが自動車買取相場に上乗せになり、大きなプラス査定になることは少ないとされています。

車検は業者で通すことができるうえ、費用を業者が負担するのではなく、購入するユーザーに負担してもらえば問題がないためです。

ただし、車検切れの車は公道を走行することができないので、いろいろな手間が発生してしまいます。車検の残り期間を大きく気にする必要はありませんが、車検切れだけは起こさないように注意しましょう。査定が安くなるばかりでなく、業者によっては買取を断られることもあります。

車買取額

改造車については、車の買い取りをするにあたり、業者によっては買取を拒否することがあります。改造車のレベルにも色々あり、陸運支局で構造変更の申請が通っているものから、どうしようもない改造を施しているものまでさまざまです。

業者が嫌がるのは、車検に通らないレベルの車であるものが多くなっています。理由は、改造車を買いたいと思う人が少ないのと、一般販売をするには、改造を純正に戻し、さらに構造変更の申請を通さなければならないためです。

通常の構造と明らかに違っている車は、ほとんどの人が欲しがりません。何かしらいわく付きの車として、避けてしまう傾向にあります。また、その手の車がほしいと思っている人は、専門店へ足を運ぶ傾向にあるため、一般の業者ではなかなか買い手が付かないのです。

ただし、改造といっても、車検に通る改造であったり、外観を損ねないタイプのものだったりするとOKが出ることもあります。たとえば、取り外しが自由にできるものや構造変更の申請が必要ない場合です。そうなると、社外品を装備している自動車の場合は売れないのか?ということになってくるのですが、それはまた違います。

社外品を装備していても、保安基準を通っていて、改造とはいえないレベルの装備品に関しては何の問題もありません。逆に、純正品よりも高く売れる場合があり、一概に社外品がいけないとは言えないのです。

改造車と一口に言いますが、改造のレベルに関係なく改造車と呼ばれるのが現状ですので、その度合いと内容によって査定額の変更が加わる場合もあるということ覚えておくといいでしょう。